横浜市保土ヶ谷区の痛くない歯医者

予防歯科/お子様の虫歯予防

予防歯科/お子様の虫歯予防

当院では、お子様を虫歯や歯周病から守るために、予防歯科を実施しております。
お子様の虫歯予防には2つの方法をオススメしています。
・フッ素塗布
・シーラント

フッ素塗布

フッ素とは歯の質を強くする元素のひとつです。
実はとても身近なもので、緑茶・紅茶・ビール・ミソ・リンゴ・ダイコン・イワシ・牛肉などに微量に含まれており、飲食物以外にも骨や歯などにも含まれています。フッ素には、歯のエナメル質を強くして、ムシ歯菌の出す酸に負けない歯を作る働きがあります。 実際、フッ素を作用させた歯とフッ素を使用していない歯とでは、数十倍も違うとされています。

歯質を強化する効力が高いことから、スウェーデンやアメリカなどの国でも、虫歯予防に利用されています。

フッ素塗布の費用(税別)

フッ素塗布:大人 3,000円
フッ素塗布:小児 2,000円

フッ素塗布は健康保険適用外です。
開始時期は、1歳半(上下の歯が4本ずつ生えてきたころ)から小学生の間までと考えて下さい。年に2~3回程度塗布すると効果的です。

自宅でのフッ素使用

  • フッ素配合の歯磨剤(歯磨き粉)の使用
  • 歯磨剤ではないフッ化物を塗布
  • フッ素の洗口剤の使用

フッ素が配合されているかどうかは、まず、商品の裏側にある成分表を見ましょう。
成分表の最後のほうにある薬用成分の欄に、フッ化ナトリウム、フッ化第一スズやモノフルオロリン酸ナトリウムと表示してあるものを選ぶといいでしょう。

シーラント

5才から6才ごろになると、乳歯のさらに奥から大きな6才臼歯(永久歯)が生えてきます。
永久歯の中で、もっとも大切な歯ですが、生えてくる途中は歯も磨きにくく、汚れもたまりやすい環境にあります。その6才臼歯を虫歯から守るために、シーラントと言う解決策があります。

シーラントの費用

シーラント:基本的には保険適応。窓口負担は0~数百円です。(自治体によって異なります。)

5~6歳になると6才臼歯が萌えてきます。歯のかみ合わせがすべて見えるようになれば、シーラントを開始しましょう。
また、シーラントは、3~6ヶ月で自然に取れますので、6ヶ月ごとに検診して、定期的にやり直す必要があります。

※シーラントをしたら、絶対虫歯にならない!というわけではありません。
正しい歯みがきをしなければ歯と歯の間や、歯と歯ぐきの間からムシ歯になってしまいます。 シーラントをした後も、正しい歯磨きをしっかり行いましょう。また、お母さんの手伝いが無ければ、子ども一人で歯をきれいに磨くことはできません。お子さんが自分で歯磨きをした後、必ずお母さんが仕上げ磨きをしてあげるようにしましょう。

ご予約・お問合せは、お気軽にお電話ください。休診日:日・祝日 TEL 045-334-1188(お約束制) 神奈川県横浜市保土ケ谷区神戸町134 横浜ビジネスパークプレッツォ5F

Copyright © 横浜ビジネスパーク歯科クリニック All Rights Reserved.