横浜市保土ヶ谷区の痛くない歯医者

ホワイトニング

ホワイトニング

ご自分の歯がすべて天然歯で歯も歯茎も健康な状態であれば、ホワイトングはいつでも始められます。虫歯や歯周病、詰め物がある場合は、専門医がホワイトニングの方法や薬剤を選択し、治療計画に合わせてその効果や、安全性、禁忌などをわかりやすくご説明いたします。

現在ホワイトニング剤の種類は、何十種類もあり、毎年新しい方法が世界中で開発され、その用法・効果もまちまちです。当院では、常に漂白に関する最新の情報を収集し、最高の技術をみなさまに提供しています。何なりとお気軽にご相談ください。

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

クリニックで行う漂白で、医療機関専門の薬剤を使用し、1~5回程度でスピーディーに白くなります。可視光線・レーザー・プラズマライトなどを併用します。白が強く出るのが特徴です。

ホームホワイトニング

クリニックでマウストレーというホワイトニング用のマウスピースを作り、その中にジェルを入れて自宅で行う漂白で、低濃度の薬剤(過酸化尿素など)を使用します。夜間、仕事中など都合に合わせて好きなときに行えます。透明感のある白が得られます。
当院では、日本の高い安全基準を満たした製品を採用しております。

デュアルホワイトニング

上記のオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせて効率的に行う方法です。
ホームで全体にくすみを取って透明感を出し、オフィスで色ムラを除いて仕上げるのが理想的です。

ホワイトニングの費用(税別)

オフィスホワイトニング 前歯部 初回15,000円・二回目以降10,000円
ホームホワイトニングセット 片顎15,000円 全額30,000円
ホワイトニングジェル1本追加 2,000円

歯が変色する原因

■歯の表面から着色
お茶、コーヒー、赤ワインなどに含まれるタンニンなどの色素が沈着したり、薬剤が化学的に反応して色素沈着したりします。

■歯の内部からの変色
乳幼児期のテトラサイクリン系抗生剤服用により変色、過剰なフッ素摂取による変色、虫歯や外傷により歯の神経を失った場合の変色、アマルガムなどのつめ物からのスズの溶出などがあります。

■加齢による変色
長年使っているうちに嗜好品、歯の磨耗、微細な亀裂への色素の進入、歯の結晶構造の成熟に伴う透過性の向上、化学物質の体内からの進入などにより、年とともに黄ばんでいきます。
このうち、色素沈着は、専門衛生士によるトリートメントで除去でき、内部からの変色~黄ばみが主にホワイトニングの対象となります。

ご予約・お問合せは、お気軽にお電話ください。休診日:日・祝日 TEL 045-334-1188(お約束制) 神奈川県横浜市保土ケ谷区神戸町134 横浜ビジネスパークプレッツォ5F

Copyright © 横浜ビジネスパーク歯科クリニック All Rights Reserved.